「コンパッションに満ちたまち」検討事業

2021年度に2年間の計画で始めた本事業は、研究会の立上げ、新型コロナウイルス感染症×介護を手がかりに、フィールドワークおよび介護職員等の語りの蓄積を実施しています。

【 Compassionate Communitiesについて 】

パブリックヘルスと緩和ケアにかかわる潮流が融合してAllan Kellehear教授らにより提唱されたもので、次のような中心的概念からなるものです(“Compassionate cities: Public Health and End-of-Life care” 、 Routledge、 2005)。

  • Compassion(cum(together) + patio(suffering))は健康への倫理的要請である。
  • 疾病・障害・喪失があってもなお、健康とはポジティヴな概念である。
  • Compassionは全人的/生態学的なアイデアである。
  • Compassionは喪失の普遍性と関連する。

「死にゆくこと(dying)」「死(death)」「喪失(loss)」の普遍性に焦点をあて、コミュニティのあらゆる場で「生老病死を地域住民の手に取り戻す」アクションサイクルにつなげる実践が生まれており、Public Health Palliative Care Internationalが、そのネットワークとナレッジ共有のプラットフォームとなっています。

2021年度

2021年度の研究会は、慶應義塾大学大学院教授・堀田聰子氏、人類学者・磯野真穂氏(第2回まで)を世話人、医療・介護・福祉関係者を委員として4回開催しました。1回目はメンバーの問題意識の共有と事業計画をめぐる意見交換、2回目~4回目は排除と共生、喪失/逸脱と再生をめぐる学びを目的として、波平恵美子氏(区別すること、分類すること、差別すること)、久保忠行氏(難民をめぐる排包摂/排除と<共生>)、竹中一平氏(噂とその伝達・伝播)、中村寛氏(排除/共生を考える)をゲストに迎えて講演と議論を行いました。

これと並行して、新型コロナウイルス感染症が介護・高齢者支援および地域社会に及ぼした影響に焦点をあて、2020年夏に複数のクラスターが発生した滋賀県甲賀市において、特に特別養護老人ホームAをめぐる地域の経験を排除/共生の観点から考察することを目的として、フィールドワークを実施しました。施設Aの関係者には、2020年度より別の事業の一環でクラスター発生の経緯や影響について継続的にオンラインでヒアリングにご協力いただいており、本事業の一環として2021年9月に現地を訪問、施設関係者、近隣住民、甲賀市役所、介護サービス事業者協議会、同時期にクラスター発生を経験した専門学校の所在地域の自治振興会関係者らと意見交換を行いました。このフィールドワークで得られたデータの整理を進めていた2022年2月に、施設Aが再びクラスター発生を経験したことから、改めて問題意識を施設関係者らとも共有しつつ、新たなデータの収集および分析を進める予定です。

介護現場における新型コロナの陽性者発生は、利用者・職員・事業所・法人・家族・地域の様々な関係性に変容をもたらします。そこで、勤務先事業所における陽性者の発生を経験した介護職員等が、一連の経過をどのように経験したか、そこで何を感じていたかに耳を傾け、そこにある「痛み」とその分かちあいに向けた手がかりを探っています。

具体的には、2020年秋に陽性者発生を経験した東京都内の訪問介護事業所Bの協力を得て、管理者および職員の語りあいの場とツールを設計、施設Aにおいて当該ツールを利用して職員3人の振り返りの場を設けました。併せて宮城県内で複数の医療介護福祉事業所を有する法人においても語りあいを計画していましたが、第6波で中断、2022年度に設計を変更して再始動を予定しています。