シンポジウム・セミナー情報

第6回オレンジクロスシンポジウム
参加無料

日時
2020年7月17日(金) 14時~17時30分
(14時~14時45分はエピソードコンテスト表彰式)
会場
TKPガーデンシティPREMIUM京橋
演者
座長 山本則子氏
(東京大学大学院医学系研究科教授)
座長 野口麻衣子氏
(東京大学大学院医学系研究科助教)
五十嵐歩氏
(東京大学大学院医学系研究科講師)
大田章子氏
(脳神経センター大田記念病院研究員)
中山法子氏
(糖尿病ケアサポートオフィス代表)

注. シンポジウムをより充実させるために、上記の方々のほかにも演者をお願いする予定です。

テーマ
枠を越え地域を創る Social Community Nurses
参加費
無料
定員
80名(先着順)
概要
地域住民の抱える健康問題は複雑化の一途を辿っており、既存の医療・介護の枠組みに則ったケアでは、地域住民のニーズへの対応に限界が生じています。そこで、本シンポジウムでは、既存の枠組みに囚われずに、地域のニーズを拾い出して活動を行なっている看護職たち(Social Community Nurses)を紹介します。それぞれの活動を紹介してもらうと共に、地域包括ケアの実現に向けて、Social Community Nurses をどのように活用し発展させてゆくのかを考え、議論します。

オレンジクロスセミナー

経営、AIやロボット、海外先進事例などの幅広いテーマについて、その領域で活躍されている第一人者の方々を演者に迎え、広くみなさまと勉強することを目的としたセミナーを年に3回開催しております。
各セミナーの参加費は賛助会員の方は無料、一般の方は1,000円となっております。

2020年 第1回 オレンジクロスセミナー賛助会員無料一般参加1,000円【開催中止】

日時
2020年4月10日(金) 15:00~17:00
会場
TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター
演者
メディカルジャーナリスト 西村由美子氏
テーマ
テクノロジーの進化という視座から考える高齢者の暮らし・高齢者のケア
概要
あらゆる分野で技術革新が加速しています。スマートフォンは我々のコミュニケーションだけでなく我々の行動全般を変え、ともなって日々の暮らし・働き方さらには人と人との関わり方までもが大きく変わりました。医療も介護も例外ではありません。加齢の機序の科学的な解明が進めば、高齢化がそのまま老化を意味する時代は終わることになります。変化の推進エンジンは技術進化ですが、制度も政策も法も倫理も技術進化のスピードに追いついていません。21世紀の高齢者は単により長い人生を生きるだけではなく、否応なく、ロールモデルのない人類未踏の人生を生きなければなりません。高齢者の暮らしとケアの未来構想は、制度・政策あるいは現在の高齢者の実態からだけでなく、テクノロジーの進化という視座からも考えられる必要があります。
  • 広報誌オレンジクロス
  • 研究・プロジェクト
  • 賛助会員募集について
  • Facebookもチェック